ホーム  >   会社情報  >   沿革

沿革

和三宝の始まり

明治初期 山上儀三郎が三寶(宝)糖の製造・販売を始める。

会社創設から現在まで

年月 概要
1950年12月 黒川梅行商店を黒川梅行が個人創業。
1958年7月 株式会社黒川梅行商店を設立。資本金100万円。
1959年5月 創業者黒川梅行の死去に伴い、黒川眞男が2代目社長に就任。
1964年 大阪市西区新町に本社移転。
1972年12月 香川県引田町に和三宝糖製造工場を建設。
資本金を300万円に増資。
1978年 資本金を1000万円に増資。
1986年4月 香川県引田町に菓子製造工場を増設。
1990年7月 香川県引田町に小売専門店、ばいこう堂本店を開店。
1992年5月 大阪本社社屋新築と同時に『ばいこう堂株式会社』に社名変更。
大阪本社1階にばいこう堂大阪店が開店。
1994年10月 東京営業所開設。
1998年2月 製糖工場を改築と増築。
2004年8月 製糖工場と菓子工場の増築と連絡橋の完成。
2008年10月 創業50年周期を期に黒川眞男社長職を辞し、会長に就任。
同時に黒川昌彦3代目社長に就任。
2014年3月 資本金を2125万円に増資。
2014年10月 製菓工場の全面新築改装。